会社概要 お問い合わせ TOPページへ

 

 

 

物があふれているのは、おしゃれな暮らしの赤信号

「ソラマド」の家のプランを打合せしていて、よく奥様とバトルになるのが、収納に関することです。「うちは物がたくさんあるから、これだけの収納ではとても足りない」。大抵の方がそうおっしゃいます。

でも、ちょっと待って。すっきりとおしゃれに暮らしたいんですよね?それなら、持ち物をまず、すっきりとさせなくてはいけないのでは?

そういうわけで、お施主様に「新しい家に絶対に必要な物リスト」を作ってもらいます。そうすると、あら不思議。ぜったいに必要な物って、そんなにたくさんはなかったんだ、とみなさんおっしゃいます。


暮らしを見直すと、自分が見えてくる

豊かで、物があふれている日本。「だから、捨てる心得が必要なの」と言うのは、100万部のベストセラー『捨てる!技術』の著者であり、『家事塾』を主宰する辰巳渚先生。「ソラマド」の家の、『家事セラピストの養成講座』の講師でもあります。辰巳先生のアドバイスをちょっとご紹介しましょうか。

 

 


などなど、自身も主婦であるだけに、簡潔で、実感の伴うものばかり。この辰巳先生から学んだ『家事セラピスト』が、ソラマドファミリー のみなさんに、暮し方 についてのアドバイスを行います。
終わりがなくて、誰もほめてくれないからと、嫌われがちな家事。その家事との上手なつきあい方を知ることで、住まいに対する愛情も深まると、「ソラマド」では考えているからです。


家のコトは生きるコト

辰巳先生は著書の中で、こんな言葉を投げかけています。

「ソラマド」も全く同感です。家のコトは生きるコト―。
だから、ソラマドファミリーの暮らしが、どんどん自分らしく変わっていくための、お手伝いをしたいのです。



捨ててみたら、物がなくても全然困りませんでした

アトリエSORAの中野さんから、最初に出てきたプランを見た時、「うわぁ、いいなあ」(夫)、「なんじゃこりゃ、ありえない!」(妻)と、正反対のことを同時に叫びました。妻が驚いたことの一つに、収納が少ないことがあったようです。

ところが中野さんはひと言、「何をしまうんですか」と聞きました。「そういえば何をしまうんだろう?」。 リストを書いてみて、と言われ、やってみると実際に使うものは服、帽子、鞄くらいでした。当時4LDKのマンションに住んでいて、2部屋が物置になっていたのですが、ほとんどを捨てました。暮し始めてみると全然困りません。大半が不必要なものだったんだなあと思いました。そして、残したものを大事に使うようになりました。

もう一つ発見があります。私達は自分達の家が大好き。そう思うようになると、自分のことも大切にしないといけないなあという気持ちになったんです。そして職場の若い人達が「Tさんみたいになりたい」と言ってくれるようになりました。できすぎ、って思いますよね(笑)。でも本当の話なんです。