会社概要 お問い合わせ TOPページへ

 

 

家づくりのための具体的な行動としては、まず「モデルハウスへ行ってみる」ということを思い浮かべる方がほとんどでしょう。でも、とりあえず展示場に行ってみた、という方が持つ感想の多くは「広すぎる」「贅沢すぎる」「生活感が湧かない」といったもの。見ても参考にならない、住宅展示場へは行かないと決めているという方さえいらっしゃいます。

こうした感覚を持つことはごく自然なことです。なぜなら、大きな買い物をするとき、多くの方は自分が買うものを実際に見て決めますよね。家電や車とかはとくに。買うものの金額が大きくなればなるほど、「実物を見て購入したい」と思うのは当然のことでしょう。

しかし、ここで理解しておくべきなのは、家づくりは「商品を購入する」こととは全く別物であるということです。中古住宅や建売住宅ならともかく、注文住宅は購入を決める時点でその「家」はこの世に存在していません。いつもの買い物と同じように、「実物を見て購入する」ことができないのが家づくりであり、信頼できる住宅会社とともにゼロからつくり上げるものなのです。

実物が存在しないからこそ、モデルハウスで得られる情報は大変重要なものです。それは、住宅会社にとってイメージリーダー的な役割を果たし、その会社の住宅の象徴にもなる存在です。モデルハウスにはその住宅会社の理念や技術がぎっしりと集約されているのです。住宅会社にとって大切な存在であるがゆえに、デザインに凝っていたり最新の設備がふんだんに使われていたり、ちょっと現実離れした面があることも多いかもしれません。しかし、多少見栄えが演出されていたとしても、本質的には同じ、その会社の住宅=モデルハウスであることに変わりありません。

「このモデルハウスをそっくりそのまま建てる」という視点ではなく、「その会社と建物の全体像を知る」いう視点で展示場へ行くと、見えてくるものはたくさんあるのです。

では具体的に展示場で何を見るべきか、チェックポイントをおさえておきましょう。

《住宅展示場はここをチェック!!》

今や、インターネットでも書籍でも、家はいくらでも見学できます。しかし、写真で視覚的に見るだけと、実際の建物でその空間を五感で感じるのとではまるで違います。写真では美しいと感じた空間が、実際にそこに立ってみるとなんだか落ち着かない、息苦しい…と思うこともあるでしょう。これから毎日を過ごすことになる我が家になるわけですから、感覚的な「居心地の良さ」は絶対に外せないポイントです。

モデルハウスはこの居心地を体感するのに最も適した場所です。お客様宅の完成見学会のように手袋をはめて気を遣って見学する必要はなく、肌でその家の質感を感じることができます。靴下を脱いで裸足で体感したり、床にごろんと寝転がってみる方も実際にいらっしゃいます。是非、思いのままに住まいを体感してください。

特に、この「居心地」に敏感なのは、大人よりも素材に近いところで過ごす小さいお子さんです。「何軒もモデルハウスをまわった中で、子どもが一番リラックスしていた」「この展示場だけは帰りたがらなかった」と、お子さんの素直な反応を大切な判断基準のひとつと言えます。

《会社の雰囲気を感じよう》

モデルハウスは、その会社の雰囲気がとてもよく現れる場所です。ご契約いただいたお客様に、モデルハウスの何が参考になったかとお聞きすると、なんと「会社の雰囲気やスタッフの人柄」などを上げる方が最も多いのです。建物を見ることももちろん大切ですが、それを支える人となりが見えるのも展示場見学のポイントです。

あまり固くならずに、案内をしてくれるスタッフからいろいろな話を聞いてみましょう。各会社で同じ質問をしてみると、その会社ごとの特徴が見えやすいかもしれません。

施主と共に考え、想いのこもった仕事が、良いものづくりには欠かせません。人がものを生みだすわけですから、最終的には人となりが形に表れます。実物がないものであるからこそ、「一緒に家づくりがしたい」と思える姿勢を持った会社やスタッフに出会うことこそが、住宅展示場の出会いの場、そのものなのです。

《アンケート記入も上手に利用》

ほとんどの会社の展示場では、アンケートの記入を求められます。「まだお願いするか分からないから」と、アンケートを書かない方もいらっしゃいますが、これではせっかくの情報源を失ってしまいます。アンケートに記入すると、見学会などのイベント案内やその会社が力を入れている取り組み、その他お役立ち情報がタイムリーに届くなどのメリットが受けられます。

お客様はみな、売り込まれたくないと思うのは、当然の心理で、営業はかけられたくないものです。そこで、ポイントになるのは、希望の連絡手段や曜日・時間帯などは事前にこちら(施主側)から伝えておくのが最も効果的です。営業マンといえども、人間ですから、良好な人間関係の構築なくしては、進展しないことを充分理解していますから。